2013年04月25日

アトピーからの脱出・・・

ttp://pbc-4649.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_a809.html (元記事より)





みなさんは、ステロイドという薬の副作用を知っていますか?

医学的にどうしても、使わないといけないという場合もありますが。

もし、耐えれるなら、使わないほうが絶対にいいですよ!

というのも、僕自身も軽い湿疹で皮膚科にいって、はじめは、かゆみ止め程度のつもりで、薬をもらっていたのですが(オイラックス)長袖のパジャマなどを着ていると、ベタつくのが嫌で、サラっとしたこっちのゼリー状にしようということになって、薬をベタベタのクリーム状からゼリー状にかえたのです。

そうです、その薬がまさにステロイドだったのです。

かゆみも当然のようにおさまり、また服をきてもベタつかずかなり満足していました。

しかし、次第に薬をつける頻度が短くなっていき、気がついた頃には、ほぼ毎日風呂上がりにつけるようになっていました。
薬がなくなると、湿疹の場所は、赤くただれてきて、悪化しました、そして、薬をつけ続けて、2年ほどたった頃にそのゼリー状の薬がステロイドという薬だということを知りました。

ステロイドは、つけているうちは、症状もおさまりますが、切れてくると、麻薬のように、どんどん強い薬じゃないときかなくなり、つける頻度もどんどん高くなってきます。

このままずっとステロイドをつけ続けていても、一生薬漬けの生活をしないといけないとおもい脱ステをすることを決意しました。ステロイドをつけないと治らないとも言われました・・
これからが、また苦痛のはじまりで・・・かなり荒れた状態が続きました。

当然湿疹の部分には、薬をつけないので、赤くなり、そして、とてつもなくかゆくなり、そして我慢できずに、かきむしると浸出液と血がでてきました。(リバウンド)かゆさで何をしていても、手につかずイライラしていました。夏には、半袖になるのが嫌になり、長袖をきてました。

冬は、肌触りの悪い服をきるとまたかゆくなりました。。。

そして、かいたらいけない!とわかっていても、寝てるうちに無意識のうちにかいていたので、かいてもひどくならない程度に、爪はいつも常に深爪にしていました。

こんな事をしていて、本当に治るのか?とかもおもいました。

正直な話ステロイドをまたつけたい衝動にもかられました。

そんなとき、ライディック研究所が開発したドクターシナジーという個人パターンの情報を入れた水とこれから開発されるアトピーローション&アトピークリーム(現在のATローション、ATクリーム)のモニターをすることになりました。もちろん生活水もメトリック水でという事で全館タイプをつけました。

とりあえず、アトピーは、乾燥させない事が大事なので、ローションとクリームを風呂上がりにいつもつけて保湿していました。
しかし、これでも、なかなか症状がおさまらず、イライラした日々もありました。

アトピーの人はわかるとおもいますが、我慢していても、かいてしまう時があるんですが、そのときは、本当にイライラもし、気持ち的に落ちたりもしました。

どうしてドクターシナジーを飲むか?という事ですが、それはイライラした神経を癒し、常に平常心を保っていられるということと、自分力をアップさせて、ストレスにうち勝つという事だそうです。

次に水ですが、特に毎日入る風呂が肌に影響を与えるとかで、生き物に一番よく合った信号で、(サイモス60)体内水を整えるために、毎日2㍑以上の水を飲むということも、肌のためには、大事な事だそうです。

これらのことは、正直はじめは、半信半疑で全く信用してませんでした、このブログをみた人もたぶんそうおもうとおもいます。

治ってほしい!!という気持ちでその通り試していました。ときには、なかなか改善が進まず家族に当たり散らしたこともありました。
モニターをはじめて、3ヶ月ほど経過したころ、改善の症状がみえはじめました。

かいても、あまり血も浸出液もでることなく、普通の肌のようになってきたのです!!ヾ(´∀`)ノ

悪化してた頃の写真と見比べてください!これくらい違いがあります。

自分の肌が前こんな状態だとおもうと、おぞましいです∑(゚Д゚;)

人の肌は、環境でこんなにもかわるものなんですね!








上の写真はひじです。
















上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。