2013年04月16日

退院














従業員や近所の人への心遣いも忘れず、皆に
ママ、ママ、と慕われていた母。

そんな自慢の母が よりによって、認知症なんて…


そんなお母さんは、見たくない! 認めたくない!!
悪夢なら覚めて欲しい!!


人にこんな母を見られるのは嫌!!


優しくニコニコ笑っている母に対して、マイナスの感情が吹き出し、溢れました!!

私なら、認知症になったら生きていたくない!
きっと、母もそうに違いない…

末期ガンは、救いだ!!


でも…

ガンの壮絶な苦しみだけは与えたくない!

色んな事を思いながらも、やっぱり、目の前の大切な人を救いたい!!


眠っている母の枕の下に
サイモスプレートをソッと置きました。


それから、父にもプレートを使ってくれるようお願いしましたが、


律儀な父は、看護師さんの邪魔になると、避けていました。

仕方がないので、私が行った時だけ、プレートを敷いていました。

ぐい飲みにドクターシナジーを原液で入れて飲ませ、プレートを敷いていると…

脳に反応があるのか?
母は、頭の下にしきりに手を入れてました。

気づいたのですが、
ドクターシナジーやプレートを使い始めて、血色悪く、いかにも病人みたいだった母が血色が甦り、肌も艶やかになって


何日も洗髪していなかった髪が、艶々になって、化粧もしていないのに…

私が大っ嫌いだったアルツハイマー型の顔つきが
品ある昔の母の顔に戻っていたのです!!

それからの母は、昔の記憶を話し出すようになりました。

驚いたのは、母が三歳の時、父親が戦争に行った時の記憶…

三歳の母が私に話しました!

「お父さんね…戦争に行った時、みんながバンザイしてて、抱っこして貰いたかったけど…みんないるから恥ずかしくてできなかった…」って


幼子は、決別の時の情景をマザマザと覚えていたのです!!

母の父は、若くして戦死したと聴きました。

それから…
私も、きっと母を元気に退院させてみせる!!

と、持てるだけのプレートを病室に運び込み、ドクターシナジーで口の中を拭いたり、食事に振り掛けたり、顔を拭いてあげたり…

勿論、飲めるだけ飲ませました!

病院も、もう助からない人には寛容でした!

足を冷やさないよう、サイモス靴下もゴムの緩いものをずっと履かせ、アスファ毛布も邪魔にならないようにハーフのを持ち込みました!

オシッコがよく出るようになり、入浴や洗髪も許され、看護師さん達も「お母さん、元気になって良かったね〜」と言ってくれました。

歩行器補助で歩けるようになり、2ヶ月程の入院で

桜が綺麗に咲く頃、車椅子でもいいから、お花見連れて行ってあげたい…

と思っていましたが、自分の力で歩けるようになり、ちょうど、百花繚乱の一番良い時期に、退院となりました!!


まだ癌は持ちながらですが、あちこちお花見や父との楽しいドライブ♪

毎日、忙しく働いていた母には、楽しいデートだったようです q(^-^q)

認知症もマシになり、デイサービスにも通っていた母は、そこで仲良しのお友達を作りました。

私が実家に見舞うと、ベッドに寝ながら、あの萌え出流るツツジを綺麗…

と眺めていました。

穏やかで幸せな日々が続きました…

認知症は、ありましたが、以前の母とは違っていました。


毎月、ドクターシナジーは2本、届けていたので

私も安心して父に任せていました。


弟も心配してアロエとか、持って来てました。

まあ、元気だから、相乗効果でいいかな?

と私も黙っていました。

半年位、母は、病気じゃなかったかのように人生を楽しみました。


続きます…


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。