2011年08月22日

「Water」を見て















昨日、友達と行って来ました。(*^O^*)



「水は情報を記憶する。」


ちょっと怖いようなタイトル…


この事は、もう10年以上前から 知っていました。



江本先生の水を結晶にする実験写真を載せた本も
よく読みました。



「水は良い情報も悪い情報も受信して伝える…」




そういう話は、耳にタコができる位、社長からきかされました。




… でも

今までは、読んだり聞いたりした話…、


果たして

「ウォーター」は、何を伝えようとしているのか?



2006年、世界のドキュメンタリー映画部門で賞を取った作品です。



ちょっと大映像を期待していた私は、小さなスクリーンにガックリ!


でしたが…
まあ、コミセンでは、しょうがないか…(^_^;)




色んな現場で活躍中の科学者や宗教家達の証言を元に


実験現場や映像と照らし合わせた物で、ひとつひとつの事が、



今まで勉強してきた事と
照らし合わせて、納得でき、私が体験した事実の



確証が得られる映画でした。



内容は、例えば、水道管を流れる水は、その中のあらゆる情報を拾う…



だけでなく、人の心に思ったことや良い言葉(言霊)
や悪い言霊をもその中に



受け入れ、それにより

良い結晶も悪い結晶も作り生き物の健康に影響を与えるというのです。



三つの実験をしていました。



お米を洗い、そこに、ご飯を炊くように水を張った
硝子容器を同じように



3個用意します。



一つには

「ありがとう」等の感謝の言葉を毎日言います。




もう一つには

「バカ」 等の悪い言葉を毎日言います。





そして、もう一つには

何も言わず、完全に
無視するのです。





結果は…


「ありがとう」等の良い言葉を掛けたお米は、

発酵し 良い香りを出すようになりました。(^O^)



あほ、バカ、と悪い言葉を掛けたお米は、やがて

カビが生えて来ました。




そして…

何の言葉も掛けず、無視し続けたお米は…



なんと…ドロドロに

腐って行ったのです!!





この話も社長に聞いて知っていましたが、


こうして実験しているのを見ると、怖くなります。



社長も もしかしたら、この映画を見て、なんとかしなければ…



と思ったのかも知れませんね…



私達の体内は、70% が
水で満たされています。



このお米のように悪い言葉を投げつけられたら…



病気になってしまいますょね…



…でも

水には、浄化して復元させるという能力もありますから…



ベネズエラという国に

人が入らない地域があってそこに住んでいる人たちはみんな働き者で健康です。


そして、そこの水は、

調べてみると…



普通の水の
40000倍活性化したというのです!!



もちろん、そこの地域の人達は、水を生活に大事に使い、他所から人が入る事を


嫌うというのです。




水を大切にする人達には、何も知らないよそ者が入る事で、水が汚れることを


知っているのですね…




話を戻しますが…

この地域の人のように

例え、病気になっても、
身体にあったパワーのある水を飲むことで




元気になるよ!!

と教えてくれています。



そして

みんなが、それぞれに
思いやりの心で、


素直に「有り難う」と感謝
しあえる社会になったら

水も浄化され、健康で幸せな生活が送れるのではないでしょうか?



若い人達は

簡単に「死ね!!」とか
「ウザイ!!」とか言いますが、水は、その情報を確実に


受け取っています!



環境が悪化していくのも
私達、人間に責任があるのです。



物理的な事もそうですが

情緒的な事も本当に大事なことです!!



この記事を読んだ人は、そんな言葉を口にしないで
ください!!



そして、誰かが困っている時は、無視せず、手を差しのべてあげてください。






私達の命にとって

「掛けがえのない水」は
いつでも 私達を視ています! 言葉を聴いています!



この映画は

そういうことをメッセージしているのだと思います。


写真はイメージです。


私のお気に入りの写真♪

(*^O^*)


この記事へのコメント
自分を誉めてあげると

育つんだ


昨日はありがとう

またぜひぜひ
Posted by チェリー at 2011年08月24日 06:10
チェリーちゃん

そうそう
自分に感謝の言葉や誉めて認める言葉を掛けると体内水も元気になるみたい!!

こちらこそ、楽しかったよ〜
また、行こうね
Posted by 梓ママ at 2011年08月28日 09:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。